トモノモト

道内あちこち行ってみる企画。

【番外編③青森】強風と桜と菜の花

函館まで車で南下し、青森県に突入してきました。

行動範囲は安定のつがる市五所川原市です。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523202856j:plain

函館からフェリーで向かいます。

 

青森は北海道に近いので、色んなことでそんなに差がないように思いますがそうでもなく、

山が連なる北海道と、岩木山がドーンとしている青森はやはり違います。

イメージで言うと、北海道はギザギザしている感じ、青森はのっぺりしている感じ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523202958j:plain

咲き残りの桜と岩木山!車の中から。

 

今回は金木町の芦野公園で開催している「さくらまつり」に行ってきました。

もう桜の見ごろは過ぎたかと思われましたが、こちらはまだまだ満開でとっても綺麗。

そしてたいそう賑わっておりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523203158j:plain

お天気も◎

f:id:komotomayamoshi:20190523203303j:plain

露天街を抜けると、なかなか穴場。綺麗です。

f:id:komotomayamoshi:20190523205501j:plain

枝垂桜もありました。

f:id:komotomayamoshi:20190523205533j:plain

桜の写真ってついつい撮ってしまう。




 

芦野公園といえば、桜のトンネルを津鉄が通り抜けるということで有名ですが(といいつつ有名だと知ったのは後からですが)、

特に汽車の通過時刻なども知らず。

しかし、たまたま線路まで進んだところで人力踏み切りが(駅員さんがロープで仕切るというスタイル)おり、汽車の通過を見られることに!

めちゃくちゃラッキーです。

 

 

f:id:komotomayamoshi:20190523203553j:plain

来た来たー!

f:id:komotomayamoshi:20190523203603j:plain

すてき!!

 

大満足で芦野公園名物の吊り橋も渡り、昼食をどうしようかと考えながら駐車場方面へ。

その途中に駅が見えたので立ち寄ってみました。

立ち寄ってみたら!

 

f:id:komotomayamoshi:20190523204614j:plain

可愛い!!!

 

つてつくん!※つてっちー

 実は途中で見かけたものの、タイミングが合わず行ってしまったのです。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523204807j:plain

あぁぁ…行っちゃった。。と思っていたところでした。

 

ちょうど駅の前で応じていた記念撮影タイムが終わった模様で

ちょっと慌てて声をかけて写真を撮ってもらいました♪

 

f:id:komotomayamoshi:20190523204902j:plain

ポーズ変えてきた!!

 

握手もしてもらいました~めちゃくちゃノリが良くて良い人。犬。

散々触れあって、駐車場最寄りの建物内にある食堂でラーメン。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523205014j:plain

シンプルなラーメン。

 

無事に帰路へとつきました。

※頭に「つてつ」って書いてるのでつてつくんだと思いこんでいましたが、後から調べると「つてっちー」だということが判明。つてっちー良い人でした。犬でした。

 

その他は、そこらじゅうに咲く菜の花がめちゃくちゃ綺麗だったのでたくさん写真を撮りました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190523205154j:plain

菜の花可愛い。

f:id:komotomayamoshi:20190523205248j:plain

満開でした。

f:id:komotomayamoshi:20190523205337j:plain

菜の花越しの岩木山

f:id:komotomayamoshi:20190523205408j:plain

岩木山もくっきり。

 

穏やかに花は咲きまくっていますが、実は超強風が吹きまくっていました。

【道北編③上川町】ひと目ぼれした町は、やっぱり最高に素敵だった!2019.04.

旭川で一泊し、翌日は朝から上川町へ。

上川町へは一度ちらっと訪れたことがあったのですが、そのちらっとでひと目ぼれ!

いつかじっくりと見て歩きたいと思っていて、今回の道北編も

「上川町に行きたい」

と企画したので、念願かなっての訪問です。

 

旭川駅から乗り込んだのは、こんなに可愛いJR。

 

 

f:id:komotomayamoshi:20190512191204j:plain

なんてキュート!

f:id:komotomayamoshi:20190512191220j:plain

こっち側もかんわいい!

だんだん雪深くなる中を進み、上川駅についに到着!

 

f:id:komotomayamoshi:20190512191428j:plain

到着~!!念願の!

f:id:komotomayamoshi:20190512191422j:plain

可愛いJRちゃんありがとう。

f:id:komotomayamoshi:20190512191411j:plain

やっぱり沙羅ちゃんフィーバーな上川町。


駅舎を出ると、まーあまあ人がいない!車もいない!

なんて素晴らしいのやら。。

遠くに大雪山連邦を望みながら、のんびり歩きます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512191739j:plain

あぁ、のどか。

f:id:komotomayamoshi:20190512191831j:plain

味があるなぁ。

f:id:komotomayamoshi:20190512191947j:plain

こちらも良い味出してますねぇ。

f:id:komotomayamoshi:20190512191958j:plain

山が綺麗~

 

そうこうしているうちに、最初の目的地に到着!

上川大雪酒造 緑丘蔵です。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512192125j:plain

どどん!かっこいい~!!!

f:id:komotomayamoshi:20190512193341j:plain

スタッフさん?の入り口にあった看板。

 

大きな国道に面しているので、こちらは次々に人がやってきてにぎわっておりました。

日本酒蔵なのにめちゃくちゃおしゃれですねぇ。すてき。

 

建物の周りをコの字で囲むようにデッキテラスになっていて、

窓から日本酒造りを見学することができます。画期的ですねぇ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512192212j:plain

蔵の中です。

f:id:komotomayamoshi:20190512192505j:plain

絶賛仕込み中。蔵人さんってかっこいい!

 

訪れた時期は仕込みの時期だったので、しっかりと見ることができました!

想像していたよりも面白くって、いつまでも見ていられる…

 

酒蔵のお隣にはショップがあり、日本酒はもちろん、てぬぐいやコーヒーなども購入できます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512192611j:plain

ショップの外観。モダンです。

f:id:komotomayamoshi:20190512192706j:plain

しゃれおつなカフェかレストランみたい。

f:id:komotomayamoshi:20190512192922j:plain

ギャラリーのような内装もすてきでした!

f:id:komotomayamoshi:20190512193254j:plain

かっこいい!

ワタシはアルコール摂取に適さない体質ですが、

日本酒好きの父へ、一本購入。ロゴマークが可愛いなぁ。

 

その足でお隣の「ベレル」へ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512192832j:plain

ひっきりなしにお客さんが。

f:id:komotomayamoshi:20190512193023j:plain

お目当てのソフトクリーム♪

ベレルのソフトクリーム、食べてみたかったんですよね。

外のベンチでのんきにいただきました~。

さっぱりしていてとってもおいしい。

 

うっかり楽しみすぎて、時間は昼時。

来た道をのろのろ戻り、ラーメンを食べることに。

上川町はラーメン日本一らしいですよ。

詳細は何度調べてもふわっとしてますが…。

これまた気になっていた「あさひ食堂」さんへ!

 

f:id:komotomayamoshi:20190512193150j:plain

こちらでーす。

 

ちょっぴり並んだあと、カウンターに案内してもらいました。

 

一日限定20食の幻の塩ラーメンを食べたいと思い聞いてみると

まだあるとのこと!わーい!

店内はサインがたくさん飾ってありました。さすが人気店ですなぁ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512193437j:plain

これが幻の塩ラーメン。スープが透き通っていて綺麗!

 

店員さんが、丁寧に食べ方を教えてくれます。

で、これが、もう、スペシャルおいしい…!!!

尋常じゃないおいしさで、まさかのスープまで全部飲み干しました。。

ラーメン嫌いのワタシ(実は)が言うので、本当です。

人生で一番おいしいラーメンでした。人生でそんなにラーメン食べてないけど。

また絶対食べにきます!

 

その後、「か夢かむ」というパン屋さんに行きたかったのですが定休日。

f:id:komotomayamoshi:20190512193722j:plain

ここがか夢かむ。

 

仕方ないのでのんびりと駅に戻ろうとすると神社が見える…。

寄るとJRギリギリかも…これ逃すと次まで長いなぁ…

と悩みましたが、寄らない方が後悔しそうなので行ってみました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512193849j:plain

坂を上った先にあります。


上川神社です。

どどーんとしていて、何となく落ち着く。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512194113j:plain

おじゃましまーす。

f:id:komotomayamoshi:20190512194235j:plain

こんなものが!

f:id:komotomayamoshi:20190512194312j:plain

やらせてもらいました~


落ち着くけども、そうそう長く落ち着いてもいられないので、一通りご挨拶して駅へ。

多少急ぎました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512194522j:plain

急いでるけども帰りたくないなぁ。矛盾がすごい。

f:id:komotomayamoshi:20190512194753j:plain

なんて美しいのかしら。

 

名残惜しい…名残惜しすぎる…。

後ろ髪ひかれまくりながら帰りました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512194855j:plain

またね、またね、またね!

 

ひと目ぼれした上川町は、やっぱり最高にすてきな町でした。

また絶対遊びに来ようーっと。

 

f:id:komotomayamoshi:20190512195032j:plain

思い出写真しつこめに。

f:id:komotomayamoshi:20190512195157j:plain

ふきのとうもまだ小さかった!

f:id:komotomayamoshi:20190512195325j:plain

上川町編、おしまいです☆

 

【道北編②砂川】行けども行けども定休日事件。2019.04.

美唄からはたったの4駅で砂川に到着。

乗車時間は15分ほどでしょうか。

しかしながら、ものすごく移動した感があります。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509200151j:plain

着いたよ~

 

砂川駅は新しい感じ…はなかったですが、一歩外に出ると道路が広くて車も多い!

混雑している感じはまったくありませんが、とても都会な感じでした。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509200249j:plain

砂川駅。ちまっとしていて可愛らしい。

 

気温もまぁまぁ上がって暑くなってきましたが、

まずはお目当て「ナカヤ菓子店」へ向かって歩きます。

が…なかなか遠い。。

ひたすらに真っ直ぐなので迷うことはないのですが、

想像していたよりも遠かったです。

 

20分ほど歩いて…

 

f:id:komotomayamoshi:20190509200416j:plain

やっとこ到着!!わーい!

 

ナカヤさんといえば、アップルパイがとっても有名。

賞味期限はその日中という、とっても生菓子なアップルパイ。

札幌の百貨店でも、たまに催事でやってきますが食べたことがなく、一度食べてみたかったのです!

お店の中も大混雑で、小さな店内にみっちりと人が。

順番カードを取って、番号が呼ばれるまで待ちます。

ベンチもあるので歩き疲れたワタシは座って待ちました。

お土産にと選んだリーフパイと焼き立てのアップルパイを購入。

お店の外にあるベンチで早速いただきます!

 

f:id:komotomayamoshi:20190509200534j:plain

とってもキュート♪アツアツなので袋の口は開いています。

f:id:komotomayamoshi:20190509200629j:plain

つやつやです!おいしそう!

 

おいしい~!

アツアツ、サクサク、トロトロでとても美味でございました。

 

さて。20分歩いてきたので、戻るにも20分。

帰りはちょっと寄り道をしてみました。

f:id:komotomayamoshi:20190509201537j:plain

砂川オアシスパークからの眺め。絶景かな。

 

山々はくっきり、水はきらきらで眺め最高。

川沿いの道はウォーキング用に舗装されているのでそこを歩くことにします。

…暑い。大きい道路に面していないので、一体自分がどのあたりを歩いているのか分からず、やっぱり遠く感じる帰り道。

 

途中から大きな道路に出て、スーパーにお邪魔。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509200940j:plain

その土地のスーパーに行くのが好き。賑わっていました!

 

砂川はスイーツの町として有名なので、ちょっとカフェで休憩。

と思って行ったら定休日!!

なんと。。

もう一軒行ってみましたがこちらも定休日。。

なんてことでしょう。

 

JRの時間までまだ1時間ちょっとある…

さっきのスーパーに戻るのはちょっとしんどい…。

と悩んだ結果、駅前のレトロな喫茶店に入ることに。

実は到着時から趣たっぷりのその喫茶店が気になっておりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509201110j:plain

味のある外観。斜めの場所にたっていることもあり、写真がいつも斜めなワタシには高度な被写体。

 

可愛らしいおばあちゃんがお一人でやっているのかしら。

入ってみたらなかなかアグレッシブな映画を観ていらっしゃいました。笑

 

f:id:komotomayamoshi:20190509201236j:plain

窓際の席。たまりませんな、この雰囲気。

 

紅茶をオーダーしたら、とっても可愛いカップで出してくれました。

しかも生レモンの輪切り付き。

そしておいしかった。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509201328j:plain

スーパーロマンチックなカップ&ソーサー

 

紅茶を淹れてくれた後、気を遣ってくださったのか

テレビを「月曜から夜更かし(再放送)」に変えてくれました。

おばあちゃんの家感がすごかったです。

 

そんなこんな、ゆーーっくり長居をさせてもらい、駅へ。

また来たくなるなぁ。また来よう。

何だかんだ、砂川で一番の思い出になりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190509201426j:plain

またね。今度はごはんも食べてみたいなぁ。

 

【道北編①美唄】結果的に「憧れの」を実現する旅。2019.04.

2019年道内あちこち行ってみる企画第3弾です。

ようやく春らしくなってきた北海道。

暖房代も痛いので、もう寒いのはご遠慮願いたいものです。

 

ポカポカ陽気の4月下旬、美唄市に行ってきました。

美唄って焼鳥以外に何があるんだ?」

くらいからはじまりました残念なワタシですが、

アルテピアツッア美唄の存在を知ってからぜひとも行きたい町に。

まったくもって詳しくないですが美術館が好きなので、自然×彫刻というナイスな組み合わせは一度行ってみたいと憧れておりました。

 

しかも!出発前日に、エゾエンゴサクが空知神社に咲いていると知り、ますます楽しみに。

エゾエンゴサクを知ったのはひょんなきっかけなのですが、

・淡いブルーの小さな花

花言葉は「妖精たちの秘密の舞踏会」

・春先に北の方でしか咲かない

という可愛すぎる条件を兼ね備えておりひと目ぼれ。

一度自分の目で見てみたい(なんなら写真もいっぱい撮りたい)と願っていた憧れの花です。

 

毎度節約旅行ではありますが、今回は全力で節約。

ということでJR普通列車岩見沢乗換で向かいます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507201003j:plain

岩見沢まで乗ってきた子。

 

今年のGWは10連休。天気も最高。気温も最高。

という事実を疑うほど人がいない。岩見沢までは、車両貸切状態でした。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507200816j:plain

平日ではなく、GWです。

f:id:komotomayamoshi:20190507202532j:plain

美唄駅です。

 

美唄駅到着後、バスまで時間があったので早速空知神社に向かいます。

 

 

f:id:komotomayamoshi:20190507202613j:plain

ガラリンチョ。

f:id:komotomayamoshi:20190507201119j:plain

天気◎

f:id:komotomayamoshi:20190507201213j:plain

到着です。

f:id:komotomayamoshi:20190507201258j:plain

おじゃましまする。


なんと!!

憧れのエゾエンゴサクが群生しているではありませんか…!

 

f:id:komotomayamoshi:20190507201543j:plain

ブルーの絨毯!!

 

f:id:komotomayamoshi:20190507201405j:plain

興奮しつつ、まずはご挨拶。

 

テンションが上がり過ぎて、写真を撮りまくりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507201648j:plain

可愛いぃぃぃ

f:id:komotomayamoshi:20190507201833j:plain

妖精たちの秘密の舞踏会って花言葉がぴったり

f:id:komotomayamoshi:20190507201948j:plain

蜂にも負けず、夢中で撮影。

 

バスの時間も近くなったので、エゾエンゴサクに名残を惜しみながら駅へ。

バスってバスだと思ったら…

 

f:id:komotomayamoshi:20190507202107j:plain

ちっちゃ!!

コミュニティバス!アットホーム!

地元のご老人とともに乗り込みます。

コミュニティバスなので、無駄にぐるぐる周り、プチ観光できました。

 

20分くらいでアルテピアッツアに到着!

 

f:id:komotomayamoshi:20190507202800j:plain

おおおお~!!!

 

パンフレットやネットで見ていたものが見られてテンションUPです。

どこから見ようかとウロウロ…

 

f:id:komotomayamoshi:20190507203010j:plain

ひろーい原っぱにベンチ。あちこちに安田侃さんの彫刻作品。

f:id:komotomayamoshi:20190507203304j:plain

作品から作品を覗いてみたり…

f:id:komotomayamoshi:20190507203448j:plain

お山の上まで登ってみたり…

f:id:komotomayamoshi:20190507203544j:plain

水とのコラボも。

f:id:komotomayamoshi:20190507203713j:plain

こちらの建物にも入れます。

f:id:komotomayamoshi:20190507203826j:plain

こんな感じ♪

f:id:komotomayamoshi:20190507203933j:plain

すてきー!

f:id:komotomayamoshi:20190507204102j:plain

ちょっと休憩。昔の学校って雰囲気あるなぁ。

 

外は結構坂もあり、いい運動に。

 朝食に納豆ごはんとみそ汁を食べたのに、出発した瞬間からラーハリーヘだったので限界を感じてカフェを探します。

が、まさかの坂の上。ヘロヘロとのぼる。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507204224j:plain

坂の途中にも作品があります。

f:id:komotomayamoshi:20190507204327j:plain

ついたーおなかすいたー

f:id:komotomayamoshi:20190507204449j:plain

可愛いカフェですねぇ。

f:id:komotomayamoshi:20190507204548j:plain

窓からも作品が見える!



 

ちょうど窓際の席が空いたので用意してもらい、ガッツリとフォカッチャをオーダー。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507204718j:plain

いただきます!!


結構なスピードで完食。おいしかった~。 

 

ふと時刻表を見ると、10分後にバスが出る!

それを逃すと約2時間後!

2時間はちょっと長いので、慌ててバス停へ向かいました。

帰りは下りなので転がるようにおりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507204938j:plain

どこからの眺めも絵になるなぁ。


 

f:id:komotomayamoshi:20190507205238j:plain

ばいばいアルテ。またね。

 

また来たいな~。

 

この後は砂川へ。

JRの時間まで余裕があったので、地元スーパー「コアビバイ」におじゃま。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507205345j:plain

空いてました。めちゃくちゃ空いてました。

 

そしてしつこくも、またまた空知神社へ。

エゾエンゴサク撮影会再び。

 

f:id:komotomayamoshi:20190507205537j:plain

本当に可愛い。見られて良かったです。

 

憧れをたくさん叶えられて、ほくほく気分で砂川へ向かいます。

【道央編①新篠津村】空が広いというのはこういうこと、多分。2019.03.

札幌から日帰りで行ける、何もなさそうな場所(失礼)…

新篠津村に行ってみました。

2019年道内あちこち行ってみる企画第2弾。

どこにあるのか分からず、なんとなく遠いイメージでしたが、意外と札幌から近くに位置する新篠津村

もう、町ですらない。村。ワクワクしますね。

 

札幌駅からJRで上幌向へ。そこからバスで新篠津村へ向かいます。

ところでこの、「上幌向」。お恥ずかしながら、今回初めて読めるようになりました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316150605j:plain

この方に乗って、上幌向へ向かいます。

f:id:komotomayamoshi:20190316150705j:plain

到着。何もない。上幌向の読み方は「カミホロムイ」です。

f:id:komotomayamoshi:20190316150824j:plain

入るときは見慣れた改札機があります(ICカードも使えます)が、出るときはまさかのコチラ。

 

さて、ここからはバスなのですが、どっち側のバス停が正解なのかはおろか、バス停がどこなのかもわからない。

ちょっと焦りつつ見渡すと発見しましたが逆でしたので、慌てて反対側へ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316151531j:plain

ちなみに駅はこんな感じです。

f:id:komotomayamoshi:20190316151204j:plain

バス停発見。目の前雪の山だけど、本当に停まってくれるのかとめちゃくちゃ不安になる…

f:id:komotomayamoshi:20190316151305j:plain

なぜ焦るって、本数が少ないから乗り逃すと命取りになるからです。

 

5分ほど遅れてやってきたバスが雪山の手前で停止したので慌てて乗り込みました。

慌てたため、整理券を取り忘れるという失態。

降りるときに運転手さんに謝ったら、大丈夫よ~と快く対応してくれました。ありがとうございます。

 

いつも通り、特に新篠津で何がしたいということもなくやってきてしまいましたが時刻は昼時。

来るときのJRで急遽調べたお蕎麦屋さんへ行くことにしました。

上幌向から10分ほどで到着する新篠津バス停で下車して、七福さんに向かいます。

ちなみに上幌向からここまでのバス停は、「ここがバス停!?」と思うようなところにバス停がありました、たくさん。すごい…

 

f:id:komotomayamoshi:20190316151927j:plain

おいしいと有名な七福さん。

f:id:komotomayamoshi:20190316152008j:plain

せいろ蕎麦750円!とっても香りが良くってスーパーおいしかったです。

 

お店は大繁盛しており、真ん中の大きなテーブルにあった一席に滑り込みでした。

相席にそわそわしながらもおいしくいただく。

 

その後は市内…ではなく村内を散策。

散策というかひたすら歩く。

特に何もないので、たっぷの湯を目指して歩きます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316152420j:plain

こんな感じです、ずっと。

f:id:komotomayamoshi:20190316152452j:plain

すてき。ただただ広い。夏はなんの畑になるのだろう?

f:id:komotomayamoshi:20190316152609j:plain

もう一枚。空がとっても広く感じます。

f:id:komotomayamoshi:20190316152713j:plain

もうちょっと。何もなくても楽しいもんです。

f:id:komotomayamoshi:20190316152826j:plain

お。あれは~!!なんだろう。わかんないけど、着いた~

f:id:komotomayamoshi:20190316224026j:plain

つきました。おこめちゃん…の頭にさっきの塔が刺さってる。刺さってはないのか。載ってるのか。


 

こちらはにぎわってました。ここでもワカサギ釣りができるようで…

冬の北海道はどこでもワカサギ釣りをやっているイメージです。

みなさんお風呂道具を持って続々と入っていってました~

 

ワタシは温泉には入らなかったので、売店を見て、フリーペーパーをもらって、少々休憩して、バス停の方へ戻ることに。

この季節、産直市場はクローズです。4月~11月くらいで開けるようです。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316153313j:plain

帰り道。ちょっと神秘的?光が綺麗に入りました。

 

たっぷの湯に向かう最中から気になっていた「ぱん家」さん。

そのまんまのネーミングです。帰りに寄り道してみました。

パンが全部、ビニールで包んであって衛生的です!

食パンを買いたかったけれどかさばるので、あんぱんを一つ購入です。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316154058j:plain

目を引くカラー。今の時期、周りが白いのでより目立ちます。

f:id:komotomayamoshi:20190316153805j:plain

翌朝、ちょっとだけトースターで焼いて食べました!うまー

 

降車したバス停まで来ましたが、まだまだバスは来ない。。

この時間帯は2時間に1本しかバスがないので、1本早いので帰る、なんてできません。

ということで、バスで渡ってきた大きな橋に行ってみます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316154256j:plain

可愛かったので撮ってみた電話ボックス。

f:id:komotomayamoshi:20190316154339j:plain

味のある倉庫。使われているのかは謎。農業関連の建物が多いです。

f:id:komotomayamoshi:20190316154434j:plain

着いた!けども風がスーパー強い!!

f:id:komotomayamoshi:20190316154518j:plain

見渡す限り、何もございません。とにかく風が強い。

f:id:komotomayamoshi:20190316154601j:plain

とてもじゃないけれど渡れず、ちょっと怖くなって引き返しました。ん?ここにサインということは、橋は新篠津村のものではない?でも、橋の名前はたっぷ大橋です。

 

帰りは新篠津市街バス停から乗ることに。降りた新篠津バス停より、一つ上幌向駅側です。

バスまではまだ時間があり、でも疲れて新篠津バス停まで戻るのは面倒だったので、バス停の向かいにあったホクレンショップに行ってみました。

お米コーナーに新篠津産のお米が並んでいたり、レジ横に地元産のお酒があったのはさすがでした。

しばし入り口で暖をとらせてもらい、10分前にはバス停にスタンバイ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190316155049j:plain

ありがとう、ホクレンショップさん。

f:id:komotomayamoshi:20190316155201j:plain

少々頼りなげなバス停。

 

無事に乗り込み、上幌向へ、札幌へ。

 

新篠津村は、生活感は感じるのになにもなくて、なんとなくワタシはそわそわするなと思ったら、山がないのですわ。

それだな。そわそわの原因。

 

というわけで、道央編①、無事に終了~

【道南編④大沼公園】初めて流れ星を見た。2019.02.

予定より1本早いJR(1時間に1本だから大きい)で大沼公園へ。

というのも、函館大沼 鶴雅リゾート エプイに宿泊するのです。

一人旅では基本的に節約旅行ですが、友人と一緒なのでネ。オフシーズンなので比較的リーズナブルに泊まれました。ありがたや。

 

ちょうどチェックインが夕暮れ時で空がとても綺麗だったので、太陽が沈みきってしまう前に外へ。

バーから続く桟橋の先には小沼が広がっています。

 

f:id:komotomayamoshi:20190307205253j:plain

物語のワンシーンみたい。

f:id:komotomayamoshi:20190307205427j:plain

ピンクとも紫ともつかない絶妙なカラー。

f:id:komotomayamoshi:20190307205525j:plain

西の空は夕方で、

f:id:komotomayamoshi:20190307205607j:plain

東の空は夜の入り口。

 

2月なので凍っていて、遠くにはキタキツネの姿も。

夜は満点の星空!

人生で初めて流れ星を見ました(意外と都会っ子)。

 

翌日、帰る前に大沼公園を散策。

散策路の中で、一番短いコースを歩いてみました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190307210557j:plain

エプイは線路を隔てて駅の反対側です。

 

f:id:komotomayamoshi:20190307205905j:plain

生憎の曇り空。

f:id:komotomayamoshi:20190307210039j:plain

千の風になって」誕生の地。

f:id:komotomayamoshi:20190307210250j:plain

大好きな駒ケ岳さん。

f:id:komotomayamoshi:20190307210349j:plain

まだワカサギ釣りが楽しめるようです。



お約束の沼の家。

そんなに悩むか?というくらい悩みまくって胡麻を購入。

 

f:id:komotomayamoshi:20190307210454j:plain

スペースを3等分して、3つの味を入れてほしい。。切実に。

f:id:komotomayamoshi:20190307210753j:plain

レトロな駅舎が可愛い。


道内あちこち行ってみる企画、2019年の第一弾

無事終了。

【道南編③函館】函館山に引き寄せられる。2019.02.

長めの足湯を終えて電車に乗ります。

乗るところまでは良い。降りる場所が分からない。

 

この後、友人と教会巡りをする約束だったのですが、彼女が空港からのバスに乗って降りるというのがベイエリア

OKしたものの、ベイエリアなんて駅はないし、どこで降りるんだろうか。

…と、乗り換えアプリに頼ったところ、某コンビニのベイエリア店が出てきたので設定してみます。

 

f:id:komotomayamoshi:20190306194846j:plain

この子に乗りました。

 

 

…ひとつ前の電停でした。

本当は十字街で降りるべきだったようです。

 

しかし、目の前にそびえたつ函館山の美しいこと。

綺麗だなぁと思いながら歩いていると、ロープウェイの文字を発見。

へぇーそっか、登れるよね。有名よね。

 

f:id:komotomayamoshi:20190306195021j:plain

函館山がドドンと!

f:id:komotomayamoshi:20190306195850j:plain

可愛いサイン。

 

気付いたらロープウェイ麓駅まで登っていたので、そのまま登りました。

待ち合わせ場所に直行できない病。

 

この日は天気がとてもよかったので、最高の景色!大パノラマ!風がとんでもなく強い!

ガイドブックに載っているような景色を眺めることができました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190306195407j:plain

出発寸前だったとは知らず、のんきに窓口に行ったらお姉さんが慌ててました。すみません。

f:id:komotomayamoshi:20190306195203j:plain

綺麗!ガイドブックみたい。

f:id:komotomayamoshi:20190306195304j:plain

海も空も青いですねぇ。

f:id:komotomayamoshi:20190306195601j:plain

下りは怖くなかった。上りは怖かった不思議。

 

山マジックで、お土産をいろいろ買い込み、ロープウェイにて下山。

高かったけど(金額的な意味)登って良かったなぁ。

大満喫したのでベイエリアへ。

 

f:id:komotomayamoshi:20190306195753j:plain

飛行機雲ちゃん。

f:id:komotomayamoshi:20190306195942j:plain

函館っぽい。

 

the 観光地で人が多い。小樽のような雰囲気もあり、目新しいものはありませんでした。

カフェに入ることもなく、ベンチで友人を待ち、合流。

八幡坂を通っての教会巡りを楽しみました。

 

f:id:komotomayamoshi:20190306200047j:plain

八幡坂。ちょっと日が傾いてきた~

f:id:komotomayamoshi:20190306200155j:plain

函館ハリストス正教会

f:id:komotomayamoshi:20190306200241j:plain

相変わらず斜めっております…こちらが正面!

f:id:komotomayamoshi:20190306200337j:plain

函館聖ヨハネ教会。俯瞰で見ると十字架の形。

f:id:komotomayamoshi:20190306200443j:plain

カトリック元町教会。

f:id:komotomayamoshi:20190306200623j:plain

かっこいいぃぃ

f:id:komotomayamoshi:20190306200710j:plain

こちらは中も見学ができます。

 

カトリック元町教会は中まで入ることができたのですが(中の写真撮影は不可)、ヨーロッパの教会みたいに荘厳で美しかったです。

素晴らしかった~。

教会があって、坂があって、港があって、やっぱり長崎みたいな街。